コロナで来年の出生数80万人割れとの試算が発表されました

= ネクタイ派手夫の保険流通革命(保険ショップ成功の鍵)=

2021年の出生数について、複数の民間調査研究機関が80万人を割り込むとのショッキングな試算が公表されました。新型コロナウイルス感染拡大に伴う将来不安などから、産み控えの動きが広がっているためだと分析されていて。コロナ禍で少子化が加速する懸念が強まっていると指摘されています。

試算通りとなった場合、出生数が2019年に90万人を下回って約86万5000人になってから、わずか2年で80万人を割り込むことになります。これは、国立社会保障・人口問題研究所が2017年に示した最も新しい推計よりも「12年前倒しで80万人を割る」ことになります。日本の出生数のピークは第1次ベビーブーム(1947~49年)の頃で、1949年の約270万人に比べると3分の1以下の水準にも落ち込むことになります。

厚生労働省によると、全国の自治体が今年1~10月に妊婦らから受理した妊娠届の件数は前年同期より5.1%減少しており、地域別にみると4月以降は10月まで東京都が9.1%減、北海道が8.1%減、大阪府が7.6%減といったように感染者数の多いところで減少が目立っていて、コロナの影響が大きいことを立証しています。

また、婚姻数自体も減っていて、厚労省の人口動態統計によると、婚姻数は2020年1~10月の速報値で42万4000件と前年同期から13%以上も減っています。コロナ過で三密を防ぐために結婚式自体ができませんでしたので、減って当たり前というところでしょうが、それにしても、非婚化が益々進めば少子化に加速をかけることになりますよね。家から出なければ出会いもありませんので、しかも一度化粧をしないでテレワークを体験してしまうと家を出ようという気すら失せてしまいますので、事態は悪化の方向かと思います。

このまま少子化が進めば、既に減少局面に入っている日本の人口は一段と先細ることになります。足元の出生状況を踏まえて試算すると日本の人口は2049年には1億人を切ることになり、今後わずか30年で現在の東京都2つ分に近い2500万人以上が減る超人口減時代に陥ることになります。

最近の生保会社は保険に加入して健康を意識させるという健康増進型保険を軸に展開しているところが多いですが、独身者が保険に加入したら婚活の出会いの場を作って行くサービスがあっても良いと思いますね。結心会会員の保険代理店ではオリジナルで婚活サービスを提供してるところもあります。やり方は簡単で保険加入時にアンケートを別にいただき「保険代理店婚活の会の会員」として個人情報の使用の許可を取って、保険代理店の顧客でもある結婚式場やレストランの暇な時間帯を使って婚活をしています。飲食や結婚式場もコロナ過で厳しい経営状況にありますので喜んで引き受けてくれます。女性は保険会社の社員で沢山いるので男性を集めることができれば婚活は意外と簡単にできます。これで結婚となれば、「保険は一緒あなたで加入!」となりますよね。地域、社会が求めることを実際に動いて具現化できるのは保険代理店だと常々考えています。婚活は急務として保険代理店で取り組んで行きませんか。関心のある方は結心会HPからメッセージをお寄せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です