東京都が結婚支援のポータルサイトを開設【保険流通革命】18/11/30 

= ネクタイ派手夫の保険流通革命(保険ショップ成功の鍵)=

≪ 東京都が結婚支援のポータルサイトを開設 ≫

2018年11月30日版

東京都は、1122日から結婚を希望する独身者向けのポータルサイトを開設しました。東京都は結婚を希望しながらも一歩を踏み出せないでいる方への後押しをするため、結婚に向けた機運の醸成に取組んでいます。50歳になっても一度も結婚したことがない「生涯未婚率」は、東京都は「一人暮らし」がし易いせいか、2015年データで、男性で26.06%、女性で19.20%と平均値を上回り、女性の生涯未婚率は全国トップとなっています。親元を離れて仕事をしていると結婚が遠い存在となるため、東京都は後押ししようとしているのだと思います。

このポータルサイトは、東京都のホームページから入ることができ、冒頭には「TOKYOふたりSTORY」のロゴがつけられました。婚活イベントやセミナーなどの情報を配信するほか、若者の就労や子育て世帯の住まいといった行政の支援策を紹介してくれます。簡単な質問に答えることで、ライフプランのイメージを作成できるコーナーも用意されています。具体的にはこんなコンテンツがあります。

◆イベントカレンダー

結婚を希望する独身の方を対象に、都や区市町村、他県、公益法人や一般社団法人などが都内で開催する婚活イベントやセミナー等を紹介

◆東京人生デザイン

様々なライフイベントを選択しながら、自分なりのライフプランのイメージを作成することができるコンテンツを掲載

◆ふたりスタートガイド

これから婚活を始める方に役立つコラムを掲載(自分を生かすファッションなど)

◆最近の出会いの場事情

民間の婚活サービスの種類やそれぞれの特徴など、最近の出会いの場を解説

◆行政による支援施策

ライフ・ワーク・バランスの推進や若者の就職支援、子育て世帯に対する住宅支援など、結婚しやすい環境整備に資する幅広い行政の取組を紹介

ポータルサイトには結婚関連イベントの情報掲載できるそうで、一般社団法人といった非営利法人だと申込すれば掲載して貰える可能性はあるようです。一般社団法人結心会でも申請してみたいものですね。

因みに、保険ショップでも婚活サービスを提供していることをご存知でしょうか。

保険契約者で独身者の方を保険代理店婚活サービス「会員」として登録して貰って、地元のレストランを使って婚活パーティーを定期的に開くという単純なものですが、地元の男女が会えるということで意外と人気を博しています。レストランも協力的で、日曜日のランチ後くらいの若干時間に余裕のある時に貸し切りで開催しています。このレストランが出会いの場となって結婚されたら結婚記念日毎に食事会でも開いて貰えれば顧客確保が出来ますよね。

また、結心会ではDNA婚を推奨しています。この度、DNA婚がNHKで放送され、婚活を改めて取り組もうかと考えています。

保険ショップでの根幹事業として婚活サービス、取組んでみませんか。